起動して5分で生放送。ニコ生でPS4のゲーム実況配信。

PS4のゲーム実況生放送が簡単に

本体起動後5分で生放送が開始

GREEN_HI20140125_TP_Vニコ生で人気コンテンツの一つであるゲーム実況ですが、今まではゲーム機にPC、そしてそれらを繋ぐ機材と様々なものを用意しなければなりませんでした。準備するまでがいささか手間であり、配線や出力といったデータのやり取りにある程度詳しくないとセッティングもうまく行かない可能性も。それでもゲーム実況に挑戦する実況者が多かったのは、やはりゲーム実況が楽しかったからだと思います。

しかし、PS4ではそんな苦労が不要になり、とてもお手軽にゲーム実況ができる状態となっています。

PS4からそのままニコ生にアクセスして生放送開始

PS4にはもともとブロードキャスト機能がついていて動画のリアルタイム配信が可能でしたが、この機能がニコニコ生放送に対応しているため、PS4内で設定を行うだけでそのまま生放送が可能になります。ニコ生のアカウント動機や放送時間の設定はもちろん、テレビ画面に放送中の番組で打ち込まれたコメントも表示されます。今まではゲーム機とPC、そして機材を用意してやっとできた生放送が、ネットにつながったPS4一台でできるようになったんですから、ゲーム実況の進歩が手にとってわかりますね。

PS4からの配信デメリット

この機能はまだまだ新しいものなので、いくつかのデメリットは当然あります。

まずは、配信中の映像が若干画質が低いことです。PS4のゲームは映像美も一つの売りですから、どうせならきれいな画質でゲーム配信したいと思う方も多いと思いますが、現状では仕方がないですね。もちろんニコ生側の配信制限などもありますので、PS4とニコ生側の双方が今後発展していくことでこの問題は解決すると思います。

次に、これはニコ生側の問題ですが、放送時間の制限です。ニコ生は30分まで無料で配信が可能ですが、それ以上の時間を連続で配信するためには有料のポイントが必要となります。ニコ生以外の配信サイトであるtwitchは海外で最も人気のあるゲーム配信専用サイトですが、こちらは配信時間に制限はありませんので、ニコ生の時間制限が嫌な人はこちらで配信してみるのもいいかもしれません。

最後に

現在PS4ではアーカイブスがないため、昔のゲームをダウンロードできないので、旧作でゲーム実況をするにはまだまだ古いハードと機材が必要になりますが、今後さらに機能が充実して、PS4一台で様々なゲームが配信できるようになる日が来るかもしれませんね

サブコンテンツ

このページの先頭へ