ニコ生を楽しもうず (´皿`)┛

「ニコ生録画しようず」的ニコ生の楽しみ方

ニコ生はやっぱいいですよね。ニコ生放送然り、ニコニコ動画然り。生放送の監視に疲れたら、ニコニコ動画でゲーム実況やMAD動画を見て癒される。良きかな。

だからこそッ!もっと!熱くな(ry   ┏(´・ω・`)┛☆ ZOッ!

面白いからこそニコ生を録画したい。たのしいからこそニコ生タイムシフトを保存して後でまた見たい。

特定のニコ生放送を監視して常に録画保存する。いいですよね!これからのニコ生放送が楽しみ!


『そんな政策で大丈夫か?』(´・ω・`)イーノッ(ry

今日のニコ生国会は厚生労働委員会の「法律を一部改正する法律案」という内容で中継がおこなわれていたようで。昼12時頃にニコ生放送を開いたら丁度お昼休みで放送が休止中でした(笑)いやですよね~みたいときに見れないってのは。こういうときこそニコ生録画の自動録画保存機能の出番です!


さて、10月に「ニコ生録画しようず」でご紹介した記者 (「夕刊Zak Zak」で現政権の経済政策に関する記事を寄稿)が別の媒体で面白いことを書いているのを見つけました。


<<2014.11.2 11:29 産経ニュース (日曜経済口座) 安部首相が執念燃やす法人税率引き下げ 法人税減税と経済再生は・・・>>


チラつく「ZMS」の影 ! 魑魅魍魎が跋扈するw


政策担当者が法人税減税に狂奔する理由とは何か? 「法人税を減税すれば、その分、大企業の純利益が増える。その分だけ大企業は設備投資への余剰資金が増え、生産活動もやり易くなる。だから経済にプラス効果があるじゃないか」という方が一部でいるようです。ですが、「ニコ生録画しようず的」にはそうならないと予想!


この法人税減税というのは、「トリクルダウン理論」という一経済理論の概念に通じるものがありますよね。大雑把にいえば、「投資家が投資をしてお金を稼げば、低所得層へ所得が滴り落ち(トリクルダウン)てお金が分配されるじゃないか。何か問題でも?」という考え方がトリクルダウン。「法人税減税」的にいえば、「大企業を減税して余剰資金分だけ投資・経済活動へお金を回してもらおう」という考え方なんでしょうね。


ですが、残念ながらなかなかそうならないと思いますよ。だって、完全にデフレを脱出したとは言い難い状況ですもん。法人税減税したとしても、企業は積極的な設備投資はしないでのでは・・?2014年4月実施の消費税増税による景気減速感が酷い今の状況でなら尚更。結局、単純に減税した分だけ企業の内部留保が積みあがるだけでしょう。


また、法人税減税推進派の人の中には「減税によって国際競争力を高める」「外国投資を呼び込む」と述べられる方が居ますが、「ニコ生録画しようず」的にはこれも疑問。資本移動が国境を越えて自由なこの時代に、「国内へのトリクルダウン」は有り得るのでしょうか?というか、彼らのいう「国際競争力を高める」は「デフレ容認」と同義でしょう。実際は投機目的の資金が外国に流れると予想。


というわけで、法人税減税によって国内の景気が活性化するとはとても思えません。消費税増税にしろ、何故政策担当者は毎回毎回「やるべきこと」の逆さまを行くのでしょうかw ひょっとして分かっていてワザとやってます?w 彼らの根底にある思想は、やはり財政均衡主義なのでしょう。

今やるべきことは、3%への消費税減税と「第二の矢」(財政政策)の拡大ではないでせうか。

(m9´・ω・`)ヤレッ!!


ニコ生録画しようずのTOPページにもどる

サブコンテンツ

このページの先頭へ