ニコ生で配信するための必要な配信ツールや機材とは?機材編

ニコ生で配信するための必要な配信ツールや機材とは?配信ツール編はこちら


前回の配信ツール編ではニコ生で映像を生配信するための配信ツールをいくつか紹介しました。
このページでは配信ツールと組み合わせて使う無料ツールや機材を紹介します。


配信ツールと連動させる無料ツール


◆棒読みちゃん
ニコ生の配信でもっとも有名なツールだと思います。
自身で棒読みちゃんに文字入力を行って読んでもらい、ゲーム実況などを用意した台本で行ったり、
生放送中に視聴者からのコメントを自動で読んでもらったりと、使用用途はかなり多いです。

ゲーム配信などを行っているときにコメントを見れない人は棒読みちゃんに読んでもらうようにしている人が多いですね。


◆NiconamaCommentViewer
生放送中に流れているコメントを管理することができ、固定ハンドルネームのコテハンも登録できる、
棒読みちゃんと連動してコメントを読み上げてくれたりと、生放送をするなら必須ツールですね。
棒読みちゃんとNiconamaCommentViewerは無料でダウンロードが可能なので、必ず導入することをおすすめします。


配信に必要なおすすめ機材


ウェブカメラ

静止画で方法するならまだしも、生放送で映像を配信するのならば必須機材であるウェブカメラ。
最近ではノートパソコンに標準搭載されていることが多いですが、デスクトップPCで生配信したい人はなるべく高画質で配信できるカメラを用意したほうがいいです。

◆Logicool C525
amazonで価格が3200円とかなりリーズナブルなのに、オートフォーカスがついて折りたためる小型カメラです。
しかもカメラ自体にマイクもついているのでこれ一つ使うだけでニコ生で生配信することが可能になります!

多数のニコ生配信者が推奨している機材でもあるので、迷っていたらこれを買えばほぼ問題ありません。


マイク

カメラに内蔵されているマイクで十分だという方は必要ありませんが、PCの前から離れても声を拾ってくれる、
ゲーム実況の時に胸元につけながら配信したいと考えているのなら新たに買うことを推奨します。


◆ECM-PC60
これも多数の生主たちがおすすめしているマイクです。
値段もお手頃価格でスタンドで使ってよし、服につけて使ってもよしとかなり高性能になっています。
ミュート機能はついていませんが、かなり高音質で集音率もいいのが高評価の要因です。


その他

マイクとカメラが用意できればあとはPCにNLEが入っていれば生放送を利用できます。
(プレミアムアカウントの登録も必須です。)

でも折角機材を用意するのならこだわれる箇所にはこだわるのもいいかもしれません。
例えばマイクの音を変化させるステレオミキサーや、ニコ生で人気の生放送である絵描きようにペンタブを買ったりなど、
機材を用意すればそれだけ生放送の配信内容も変化することができます。

もちろん必要最低限の配信ツールや機材でもニコ生を楽しむことができますが、
最大限に楽しむためには初期投資も必要かもしれませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ